ゴルフ

【コスパ最強!】ゴルフ用高低差機能付きレーザー距離計《suaoki》

レーザー距離計探し

2019年からゴルフのルールが変わり距離計の使用がOKになり、

距離計を探す方も多いのではないかと思います!

ルールでは、

計測できるのは距離のみ。高低差補正などは不可。

 

私は以前から、腕時計型の距離計を使っていました!

ー腕時計型にした理由ー

身軽でいつでも距離がわかる!

ということでした。

 

が、

 

一番知りたいピンまでの距離は、私の持ってる腕時計型の距離計の場合

グリーンセンターまでの距離を表示するので、

そこから自分で計算する必要が有りました。

 

ということで、正確なピンまでの距離がわかるレーザー距離計を使ってみることにしました!

 

レーザー距離計の価格

 

レーザー距離計といえばNikonのクールショットシリーズ

ブッシュネル

あたりかと思います。
ただどちらも最上位機種は5万円以上。
もう少しお手軽に試したいと思い探したのが、
suaoki(スアオキ?)というメーカーのレーザー距離計。
1万2000円也!
安いけど、どんなもんなの?と思いますよね!

ニコンクールショットと比較

ブッシュネルはちょいとお高いのでNIKONと比較

※NIKONのクールショット20は計測距離が250ydなので比較対象から外しました!

40 40i PRO suaoki
価格 2.5万 3万 4.5万〜5万 1.2万
計測最大距離 450yd 450yd 500yd 600m
高低差測定 X O O O
手ぶれ補正 X X O X
ケース O O O
スペック的にみるとsuaokiのライバルは高低差付きで手ぶれ補正がないので、
NIKONのクールショット40iではないでしょうか。
価格差は倍以上。
・・・・・・suaokiの勝ちーーーー!!!!wwww

開封

収納ケースもついてます。

※ベルトループが付いていないので別のケースに入れます。

電池も付属。

こんな電池見たことない・・・・・ww

電気屋行かないと買えないな。

取説も日本語対応。

本体外観

横の液晶にも図った距離が表示されるので、

他の人のために測ってあげるときは便利です!

液晶を切ることも出来ます!

M = 切り替えボタン

電源マーク = 計測ボタン

計測できること

・直線距離

・直線距離《ピンロック》(

・直線距離+高低差補正

・直線距離+高低差補正(ピンロック)

・高さ測定

・2点距離測定

・速度計測

一番アマチュアゴルファーとして使うのは

直線距離+高低差補正(ピンロック)

ではないかと思います。

これは高低差を考慮して必要な距離を計算してくれるという機能。

除くとこんな感じに表示されます!

サイドのパネルにはこのように!

他にも、

高さ測定を使って前の木の高さを測ったり

2点間距離測定をしてハザードの大きさを調べたり、

前の組との距離を測って安全を確認してからショットを打つときにも使えます!

 

実際ラウンドで使用しましたが、

必要十分。

全く問題ない!

これでよし!

と思いました!www

サイズ感

私は、かなり手が大きい方なので全然気になりません!ww

イメージ的にゴルフクラブ2本重ねて持った感じのもう少し厚みが出るぐらいかと思います!

 

収納ケースづくり

付属のケースがベルト通すループが付いていないので、

ダイソーに行ってこんなものを買ってました!

作業用の釘入れ。

まさかのジャストサイズ!!!!

 

このままでは走ったときに落としそうなので、

ダイソーで買ったコードも付けてズボンのベルトループに引っ掛けてやります。

 

これで完璧!

 

私は十分満足できるレーザー距離計でした!

距離計選びの参考になれば幸いです!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です