キャンプ道具

バイクでソロキャン【冬の装備を考える】

今回は12月初旬に行った、

「しまなみ海道ー見近島キャンプ場ー」にもっていった装備をご紹介!

 

冬キャンプ装備

①クーラーバック

②クイックヒーター

③小箱(焚き火道具)

④ホムセン箱

⑤タープポール

⑥EVAマット

⑦インフレータブルマット

筆者は結構寝心地重視型なのでマットを2つ持っていってます!

かなりかさばるんですけど、寝心地は最高!

今回防寒対策にクイックヒーターをもっていきました!

暖房器具選びの参考に

あわせて読みたい
冬のソロキャンの味方【コールマン クイックヒーター】冬キャン用暖房器具の反省 冬キャンプの防寒対策として前回のキャンプには BRS遠赤ヒーターアタッチメント...

ホムセン箱の中身

①グランドシート大(荷物置き用)

②グランドシート小(テントの下に敷く用)

③ハンモック

④ステンテレス皿(焚き火用)

⑤まな板

⑥自作ランタンハンガー

⑦椅子

⑧シュラフ

⑨タープ

⑩ペグ

⑪ペグハンマー

⑫ガイロープ

⑬ヘッドライト

⑭衛生用品関係(下記で紹介)

⑮湯たんぽ

⑯キッチン用品(下記で紹介)

⑰テント

⑱枕

⑲スキレット

⑳シングルバーナー

㉑ケトル

今回新たに導入した冬用テント

あわせて読みたい
コスパ最強!GEERTOP4シーズン(冬用)テントを細かく紹介♪ 今回の記事は設営編です! https://otnlife.com/huyuyoutento 設営手順はテント...

ただこの日はかなり暖かく朝方でも13度近くあったのであまり違いを感じられませんでした!www

個人的にはハンモックがお気に入り♪

いつかはハンモック泊がしてみたいなぁ・・・

小箱の中身

①ステンレス皿(小箱に両面テープで固定)

②ウインドスクリーン

③ウッドストーブ

④OD缶ガス

⑤マッチ

⑥固形燃料

⑦革手袋

⑧ほうき

⑨エスビット

⑩着火剤

⑪針金

⑫サムライ鋸

⑬モーラナイフ

⑭ライター

⑮ラジオペンチ

⑯火ばさみ

基本的に、焚き火関係のものを入れています!

 

クーラーバックの中身

①食器洗い用スポンジ

②メスティン用保温バック

③メスティン

④蒸し料理用のメスティン網

ホントはメスティンもホムセン箱の中に仕込みたかったのですが、

隙間がなく食料入れとしてクーラーの中に入れることにしました。

 

 キッチン用品

①キッチンペーパー

②ランタン

③マグカップ

④シェラカップ

⑤アルミホイル

⑥ポリ袋

⑦コーヒードリッパー

⑧コーヒーミル

⑨ミニロースター

⑩クッキングシート

⑪スーパーの袋

⑫S字フック

⑬カトラリー

⑭(写真では③担ってますが)ウエットティッシュ

荷台兼机

机になる荷台。

あわせて読みたい
バイク用RVボックス【固定台(机に変形する)】の制作 キャンプツーリングするライダーに絶大な人気を誇る! RVボックス 通称ホムセン箱。 アイリスオーヤマ...

今回はひと手間加えて

4ヶ所フックを付けました!

下に物を置けるようにプチ改造。

あとから追加

 

①手斧(Jeeper 手斧 38cm

②写真が①になってますがOD缶用の脚(EPIカートリッジスタイビライザー

今回初の斧による薪割りに挑戦!!

なかなかうまくいきませんでしたが・・・・

あわせて読みたい
アマゾンで人気『Jeeper』の手斧を購入!そして研ぐ!補強する! ついに私も斧デビュー!!! 今回は「Jeeperの手斧 38cm」のご紹介! 人気のハスクバーナは買...

持っていったけど使わなかったもの

今回のキャンプ時の気温は

こんな感じ。

12月なのにびっくりするぐらいの暖かさ。

そして雨。

なので設営は屋根の下に、

そうなると使わないものもたくさん。

・タープ (屋根の下だからいらない)

・ペグ、ペグハンマー(打てない)

・湯たんぽ

・カトラリーのナイフ、スプーン、フォーク(すべてお箸で足りた)

・まな板(材料は切って行ってた)

・ガス缶1つ(3つもなくても良かった)

・固形燃料2つ(炊飯で1つ使っただけ)

・のこぎり(薪を買う場合はいらない)

・アルミホイル

・針金、ラジオペンチ(スエーデントーチようなので直火OKのサイトでなければいらない)

・食器洗い用のスポンジ(現地にもあった)

しっかり天気を見てからパッキングすればもっと荷物はへらせたかな・・・

週末の休みに合わせて前の週に準備するので難しい所ですが。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です