MENU
Gear    Blog
I'd like to have time excitedly every day.
キャンプ場紹介

【高知県いの町】2310円で泊まれるバンガローが良かった!《グリーンパークほどの》

 

先日、

高知県吾川郡いの町にあるキャンプ場「グリーンパークほどの」

行ってきたのでご紹介したいと思います。

 

 

施設概要

四国のほぼ中央にあたりにある、高知県いの町。

そんな山の中にキャンプ場になります。

(↑地図をクリックするとGoogle Mapが開きます)

 

キャンプ場の管理人さんも言ってましたが、

「キャンプしか出来ないところ」だそうです。笑

 

昔は、バギーや釣り堀があったみたいですが、今はやってないみたい。

 

石窯を使った焼きドーナツやバームクーヘンの体験プログラムはあるようです!

 

オートキャンプ場・テントサイト・バンガローがあるキャンプ場となっています。

 

 

後で紹介しますが、バンガローのコスパが最高なのでバンガロー泊がおすすめです!

 

周辺スポット

にこ淵

近くのスポットといえばやっぱり「にこ淵」

(↑地図をクリックするとGoogle Mapが開きます)

 

 

キャンプ場から10分ぐらいの距離にあるエメラルドブルーの滝壺?

みたいなところ、県内外からたくさんの観光客が訪れる有名な映えスポットです!

 

仁淀ブルーを堪能できる「安居渓谷」

キャンプ場まで車で50分ほどかかりますが、個人的に「にこ淵」よりおすすめなのが、

「安居渓谷」

(↑地図をクリックするとGoogle Mapが開きます)

 

こんな世界が堪能出来ます!

有名な「仁淀ブルー」を味わえます!

 

「中津渓谷」もありますが私としては安居渓谷が最高!

 

川遊び「広瀬キャンプ場」

にこ淵も安居渓谷もどちらも鑑賞がメインで川遊びが出来なかったので、

「グリーンパークほどの」から車で25分ほどのところにある、

「広瀬キャンプ場」で川遊びもしてきました!

(↑地図をクリックするとGoogle Mapが開きます)

 

こちらも透明度は高く、

 

川の中はこんな感じ。

キャンプ場と言ってますが、河原って感じです。

トイレや水道も無いので注意が必要です。

5分ぐらいの位置にファミマがあるのが救い。

 

オートサイト

さて本題キャンプ場の紹介♪

入って最初にあるのがオートサイト。

グリーンパークほどのに向かってすすんで行くとこのような看板があるので、

まずは、直進して左にあるこちらの建物で受付。

ここのサイトは後払いでした!

戻って先ほどの曲がり角を曲がってオートサイトへは入場するようです。

オートサイト

1〜6番サイトはこんな感じ。

地面は砂利で整備されています。

 

なんか駐車場感がすごい・・・・・笑

水はけは良さそうです!

 

7〜9番サイトは

車を横付けするのは難しいかもしれませんが、

雰囲気はこっちのほうが好きです。

バイクなら断然こっちを選びます!

テントサイトも別であるみたいですがチェックし忘れました!(T_T)

炊事場

オートサイトにある炊事棟。

定番のかまどと水道。

左右対称に作られています。

7〜9番サイトだと少し離れるかたちになります。

トイレ

9番サイトの更に下にあるトイレ。

 

十分キレイ!

料金

「1番から6番サイト」

・1泊(14:00~翌日13:00)¥3,300

・デイ(10:00~16:00)¥1,650

「7番から9番サイト」

・1泊(14:00~翌日13:00)¥2,200

・デイ(10:00~16:00)¥1,100

となっています。

チェックし忘れたテントサイトだと1泊540円という破格!!

ソロならこっち決定!!!

 

バンガロー

バンガローは2種類、2人用(4頭棟)と4人用(6棟)があります。

今回私が利用ししたのは2人用タイプ。

室内

中はこんな感じで2段ベットが設置されています。

机もあるのが結構嬉しいポイント。

これで荷物が一つ減ります!

窓からは外の景色が見れていい感じ。

反対の窓はすりガラスになっていて、隣り合うバンガローの利用者同士が覗かれないようになっていました!

デッキもあり、簡単な調理ならここでも可能とのこと。

丸太の椅子もいい感じ♪

外のテーブルはすこし小さいので小さめの折りたたみデーブルはあると便利でした!

備品

備品は至ってシンプル。

天井の照明。

 

 

扇風機。

 

ベット脇の照明。

 

 

コンセント2口。

コンセントがここしかないので、

私はこれを持っていって正解でした!

炊事場

ロッジから少し降りたところに炊事場。

 

さらに一番下、管理塔の裏ぐらいに石窯と水道があります。

管理塔の横がバーベキュー広場になっているみたい。

ゴミ捨て場もあります。

トイレ・シャワールーム

石窯の隣にトイレ。

そのとなりにシャワールームがありますが、写真を取り忘れました・・・・。

 

料金

《バンガロー2人用》

1泊(15:00~翌日10:00)¥2,310

デイ(3時間まで)¥550

デイ(1時間延長ごと)¥160

《バンガロー4人用》

1泊(15:00~翌日10:00)¥4,620

デイ(3時間まで)¥1,210

デイ(1時間延長ごと)¥310

 

なんと!!!

バンガローの2人用なら広めのオートサイトより安いんです!!!

 

2人用となっていましたが、うちは家族3人(床2人、ベット1人)で十分寝られました!

小さいお子さんの4人家族ぐらいなら十分なサイズかと思います!

 

サイズ的には7,8人用のテントぐらいはあるので荷物をおいても余裕があると思います!

 

温泉は「吾北むささび温泉」へ

キャンプ場から25分ほど言ったところに「吾北むささび温泉」があります。

(画像をクリックすると公式ウェブサイトに飛びます)

所在地

高知県吾川郡いの町小川東津賀才53-1

 

営業時間

11:00~21:00 (受付20:00まで)

 

料金

入      浴 大人650円/子ども320円
歩  行   浴 大人300円/子ども150円
歩行浴・入浴 大人850円/子ども420円

休日

毎週木曜日

 

基本的にキャンプ場向かう道中になるのでチェックイン前に入ってから行くほうがいいかもしれません。

 

ここの温泉のデッキスペースで涼むのが最高に気持ちよかったです!

 

 

持っていくと便利なもの

山のキャンプ場なので、やはり虫問題からは逃げられません。

「蚊・ダニ対策」

普段のデイキャンでも使えるので、一本持っておると便利!

 

 

川が近いキャンプ場はアブが出やすいので、アブ対策も必須。

「アブ・ハチ対策」