キャンプ道具

【高コスパ!】ハンモックの防寒対策にアンダーキルトが◎!

ハンモックの浮遊感が最高♪

最近のお気に入りです♪

今、私が持っているハンモックはこれ!

3000円以下で買えるハンモック!!

『Wecamtureハンモック』ちょーーーーーおすすめです!

 

ホントはDDハンモックとかほしい・・・・・・www

 

かなりお気に入りなのですが、やはり冬場は背中側が寒い

 

ということで、ハンモックの防寒対策に乗り出ました!

 

アマゾンで人気のアンダーキルトを購入

早速私が購入したものを紹介!!

 

OneTigrisのアンダーキルト

ハンモックの下につける布団みたいなもの。

普段はAmazonで5300円ぐらいなんですが、時々セールで安くなります!

私は3495円で買えました!

3000円のハンモックに5000円の防寒具はちょっと納得いかなかったので・・・・・www

設営

実際に設営してみます。

Wecamtureハンモックをまず張ります。

 

後は、ハンモックのカラビナに、

OneTigrisアンダーキルトゴムの部分をかけるだけ♪

 

片方だけカラビナが付いてました!

不要なときに外しやすくなってるのかな?

 

完成!!

 

一瞬で出来ました!www

ハンモックとアンダーキルトの設営で5分ぐらい!

この素早さはかなり魅力になると思います!

このようにすっぽりハンモックを覆いこんでくれるサイズ感になってます!

収納サイズ・スペック

ハンモック(左)と並べて見ました!

メーカーの数字では縦33cm✕直径17cm

私の買った老竹色のモデルで耐寒範囲は5度から20度

グリーンモデルにすると−5度まで行けるみたいです!

重さは750g

 

「引っ掛けるゴムの部分」

 

「アンダーキルトの厚み」

そんなに、

もこもこ感はな

しっかりめの中綿ジャッケットぐらいの厚みの感じ。

 

実際に検証してみる!

 

早速ゴロンと♪

 

おお!!

 

背中のスースー感がない!!

 

この日はクリスマスの翌日、

外気温は11度でした。

これぐらいの気温なら寝れそうな感じです!

スペック通り5度ぐらいまでが限界かもしれません・・・。

 

さらに暖かく!!

 

DDハンモックとかには背中部分にマットを入れるスペースが空いているようで、

寒い時期はそこにマットを入れると温かいらしい!

ということで、

こいつをイン!!

 

結果・・・・

 

あまり実感できるほどの差はなかった・・・・www

 

この日は比較的暖かく、アンダーキルトだけで十分暖かかったのであまり差を感じにくかったのかもしれません。

また一晩寝てみたりすると、また体感温度変わるかもしれません。

 

 

OneTigrisのアンダーキルト

Wecamtureのハンモック

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です