ウェア

冬キャン、冬ツーリングに最強な電熱線入りベスト!【ワークマン】

 

ユニクロ・ワークマン信者の筆者。

コスパは高く!着心地はよく!デザインもそこそこはほしい!

という貪欲な人間の防寒対策奮闘記になります。www

 

今までの冬のキャンプツーリングの服装

私の今までの冬のキャンツーの服装は

1、超極暖ヒートテック + ホッカイロ

2、厚手のセーター or 厚手のロングTシャツ

3、ウルトラライトダウン ベスト

4、ウルトラライトダウン

5、イージス の軽い防寒のついたモデル

確かに温かいのですが、着込むのが大変・・・・・

 

 

理想としては

1、インナー

2、ミドルレイヤー

3、アウター

ぐらい身軽にしたい!

 

ということで今年はアウターであるイージスをバージョンアップ! 

あわせて読みたい
2019年ワークマンの新作【イージス360° リフレクトデニム】をレビュー ワークマンはライダー味方!! だんだん寒くなってきました。 冬になるとライダーに人気なのが ワ...

 

今回はミドルレイヤーのアップグレードを試みます!

 

電熱ウェア

バイカーのなかでは有名な電熱ウェア。

有名メーカーものはお高い・・・・。

 

そんな中ワークマンのサイトを見ていると、

 

ワークマンにもヒータ付きモデルが!

 

お値段9800円。

 

 

安くはないが、コレで身軽になれるなら試してみるか、

 

調べてみたらもっと安いのありました・・・・。

こちらは5190円。

 

こちらは8850円。

 

WindCoreヒーターベスト(バッテリーセット)

ちょっとショックを感じながらレビュー。www

こちらが正面。

このベストは撥水加工されているらしいです!

このあたりはさすがワークマンといった感じ♪

 

 

背面

発熱部

発熱するのはこの部分。

 

首の下と

腰の中央あたり。

 

思ったより小さい気がする・・・・。www

 

バッテリー

充電器もセットで付いてきます!

充電時間は2〜3時間ほど。

充電回数は500回ほど使用できるみたいです。

稼働時間:高温 50℃で5時間 ・中温 45℃で7時間 ・ 低温40℃で17時間

 

となっています。

 

温度の感覚は、高温モードで、ホッカイロよりちょっと暑いと感じるイメージでした!

長時間着た状態だと場合によっては熱く感じるかもしれません。

 

低温モードでちょうど良ければキャンプに最高ですが・・・・。

バッテリーだけ発売してくれないかなぁ・・・・。

 

 

右ポケットに接続用のコードが収納されています。

 

スイッチオンで発熱開始です。

 

 

バッテリーは右側のポケットが二重構造になっているので、

こちらに収納できます。

 

二重構造なので左右ポケットを活用できるのは便利です!

 

スイッチ

温度調整のスイッチは胸元のココがスイッチになっています。

 

 

高温だと赤く点灯。

 

中温だと白く点灯。

 

低温だと青に点灯します。

 

外から温度調整できるのは楽でいい♪

 

ポケット

正面左側に胸ポケット

スマホ用ぐらいのサイズ。

こちらはチャック付き

 

 

左右にも

こちらは500mlペットボトルがらくらく入る大きさ。

チャックはありません。

 

インナー側にも小さめのポケットが有ります。

 

 

電熱系のウェアが初体験なので楽しみです♪

コレで身軽に暖かくなれるといいけどなぁ・・・

 

次はインナー探すぞーーーーー!!!!www

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です