キャンプ道具

『冬キャン寒さ対策』お手軽カセットガスヒーターの実力は?

 

冬キャンプ。

個人的には、やっぱり夏より虫の少ない冬がいい。

 

冬キャンプに必須なのが暖房器具

 

暖を取る方法は色々あります。

 

ソロキャンプ用に以前購入した暖房器具がこちら↓

あわせて読みたい
冬のソロキャンの味方【コールマン クイックヒーター】冬キャン用暖房器具の反省 冬キャンプの防寒対策として前回のキャンプには BRS遠赤ヒーターアタッチメント...
あわせて読みたい
秋のソロキャン暖房器具【BRS 遠赤ヒーターアタッチメント】レビュー!!先日秋のソロキャンに行って来ました! 朝晩の冷え込みがきつくなるこの時期用に新しく暖房器具を追加したので、 軽く紹介したいと...

 

今回は、ファミリーキャンプに向けて、導入しやすいガスヒーターを買ってみたので、その使い心地をレビューしていきます!

 

購入したガスヒーター

 

今回購入したのがこれ。

 

いかにも、中華感が・・・・・www

 

私はメルカリで売ったメルペイで購入しましたが、

楽天やアマゾン等でもめちゃくちゃ取り扱いがあります!

価格は大体2500円ぐらい。 

ホントいうと石油ストーブや薪ストーブがほしいですが、

かなり諭吉さんに集まっていただかなければいけなくなるので、とりあえずお手軽なこちらを導入して見ました!

 

上向き・正面と2WAYで使える!

上向きの状態。

 

 

横のポッチを押して、

 

起こしてやると、

 

 

正面を向くようになります!

 

ココのロック機構は結構しっかりしていて、ちょっとぶつかったぐらいでは向きが変わったりはしなさそうです。

 

個人的にガスを使う上で気になるのが、

長時間使うとガス缶が冷えて、火力が弱まること。

ただ、このヒーターはよく考えられていて、

正面を向けると、ちょうどその下にガス缶が来るので、

自分の発生する熱で、ガス缶が温められて冷えすぎるの防いでくれそうです。

 

ガス缶を温める装置がついているタイプのヒーター↓

これだと1万円ぐらい。

 

 

 

火力は?

一番気になる熱量ですが、

記載では1.3KW。

 

感覚的には手をかざすとほわっと温かい感じ。

 

椅子に座って焚き火をしながら、冷める背面を軽く温める感じに使うと丁度いい!

 

つまり、極寒の中でファミリーキャンプでこれ一つでは厳しいかと思われます。

 

春や秋、初冬の10℃〜15℃ぐらいの気温の中、

タープ内を温めるには十分なスペックかと思います。

 

ちなみに我が家で使うのは、

3m×3mのワンタッチタープ。2枚サイドシートがついているモデルを買ったので、

更に、サイドシートを追加。

 

もう一面は出入りしやすいようにエントランスタイプを購入。

 

こんな感じで、夜はフルクローズにします。

これぐらいの規模なら10℃ぐらいの外気温であれば十分温まります。

むしろ、コンロ等を使うと熱くて下の方をめくって換気したぐらい。www

 

 

幕内でガス系を使うと一酸化炭素中毒が心配になるので次回は一酸化炭素チェッカーも購入したいと思います!

 

 

ちなみに、上向きに使うとコンロのように使えるのですが、

火力はそんなに強くないので、

ここで料理するというよりは、保温するぐらいの使い方だと良さそうです!

 

 

使い方

ガスは普通のカセットコンロのガスでOK!

 

ガスロックレバーを、

 

おろすと、

 

ガスがセット!

 

点火は、ここのリングを、

引っ張って、

 

火力調整ノブを回すと点火!

 

リングを引っ張る以外は、カセットコンロと全く一緒でですね!

 

ガス1缶でだいたい3時間ぐらい持つみたいなので燃費は微妙なところ。 

 

 

サイズ感

ソロやデュオキャンプに丁度いいサイズですが、

バイクに載せていくには、ちょっと大きすぎかなぁと思います。

載らなくはないのですが、この容積を取るほどの価値はないかと思います・・・・。

私がソロでいくときは、

『コールマンクイックヒーター』を持っていきますね 。

こちらのほうがよりスポット的にあたたまる感じです。

参考までにサイズのリンク画像になります↓

 

 

ソロキャンプには向いていないですが、CB缶のガスなのでお手軽に使えるので、今後冬場公園に遊びに行ったりするときにも気軽に持ち出したいと思います!

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です