Gear    Blog
I'd like to have time excitedly every day.
カメラ

第1回 動画をもっと美しく!BMPCC4K導入! ミニマムリグを組んでみる。【BlackmagicDesign】

 

第二次カメラブームが来た筆者です。

 

第二次カメラブームは動画制作がメインになっています。

 

以前紹介したZV-1もかなりお気に入りでしたが、

「シネマティック風」におしゃれに撮れて、【ミニマム】な《Vlog 装備》への道。Part2 この記事は、 「シネマティック風」におしゃれに撮れて、【ミニマム】な《Vlog 装備》への道。Part1 の続きにな...

カメラというのはどんどん欲が出てくる・・・・・。

 

よりもっときれいな映像が撮りたくなる!!!

 

それがカメラ小僧の性です。笑

 

 

ZV-E10を買おうと思ってた。

21`9月に発売されるZV-E10がかなりコスパが高いらしく、

本体だけだと約6.6万円!!!

 

これにタムロンのAPSーCレンズ

《F2.8通しの標準ズームレンズ》

【17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)】

約7.7万円。 

 

 

《F2.8通しの広角ズームレンズ》

【11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)】

約7.7万円。 

 

 

この組み合わせで、完璧じゃない!?

 

すべてそろえても22万ほど。

 

これなら手が届く気がするということで、こちらに決める予定でした・・・・。

 

 

 

フルサイズ機「α7c」も気になる。

 

22万となってくると他の候補に上がってくるのが、α7C。

ズームレンズキットで21万円ほど・・・・。

 

You Tubeで見漁っているとやっぱりフルサイズがキレイ・・・・・。

 

 

ただ、他のレンズが欲しくなったときになかなかお高い・・・・・。

 

10万ぐらい平気でするので今後の財政的に厳しいのではないか・・・・。

 

あと、プライベートで撮るにはコンパクトでいいのですが、

今後撮影のお仕事なんかもしてみたいと言うのもあったので、

もう少しガチな感じが良いかと思いました!

 

DAIGENTVさんの動画が決め手になりました!!

 

ということで最終的に決めたのが・・・、

 

 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K

そう!

シネマカメラです!!

 

 

一番の決め手は、この動画。

 

bird and insectのチャンネルで勧められていて、

プロも使っているという文言にやられました!

 

BMPCC4Kの良いところ。

これは私が購入してみてまだ少ししか使っていないので、

ファーストインプレッション的な感想なりますが、

 

マジでキレイ!!!!

 

RAWで撮れる動画がこのカメラの最大のメリットですが、

 

ほんとにキレイ!!!!

 

マイクローフォーサーズセンサーってこんなにきれいなの!?

 

と思うほどキレイです!

 

 

画質重視の方にはかなりおすすめできるかと思います!!!

 

写真のきれいな感じがそのまま動画になるのでそりゃもうキレイ!

 

 

BMPCC4Kの悪いところ。

これはネットでもたくさん言われており、

・電池が持たない

・手ブレ補正がない

・モニターが暗い

などなど言われておりますが、

 

これは買う前から嫌というほど見てきたので、

覚悟していれば全く気になりませんでした!

 

 

一番思ったのは、意外とお金がかかるということ。

 

 

フルサイズ機を諦めた私ですが、

 

BMPCC4Kは本体やレンズは安いと言われているものの。

 

動画用カメラ特有のリグを組んでいくと結構お金がかかる。

 

まぁ最小限にすればそんなにかからないのですが、

 

機材好きとしては色々集めたくなっちゃう・・・・。笑

 

 

そうすると意外とお金がかかるんです。

 

BMPCC4Kがお金がかかることについてはこちらのチャンネルでも紹介されていました!

 

 

 

 

ポケシネ4Kを中古で購入!

お金がかかることは十々わかっていたので、

予算30万円以内でリグが組めるように機材を選んでいきました!

 

本体+バッテリー+リグ+マウントアダプターをセットで購入。

このセットをメルカリで12万で購入。

・BMPCC4K本体(11万円)《16万円ライセンス付き》

・LP−E6バッテリー6個《0.9万円》

・BMPCC4Kゲージ(0.5〜0.7万円)《1万円》

・SSD T5 専用ゲージ《ゲージとセットで買える》

Commlite CM-AEF-MFT Booster(¥1〜1.7万)《¥26000》

()内は中古相場、《》内は新品相場です。

新品だと20万ぐらい。

ライセンスも中古で買えば2万円ぐらいでも買えるので、

ライセンス込みで14万で揃えば、

余った6万でレンズも買えちゃいます!!

 

 

レンズはSIGMAの18-35mm F1.8 DC HSM をチョイス。

これまた悩んで悩んで決めたレンズ。

私はヤフオクで約5.6万で購入。

新品で7.3万円ほど。

 

BMPCC4Kの導入を決めたのが、

ZV-1と比べて、解像度をより高く、よりボケた映像が撮りたいことが目的だったので、こちらに決めました!

 

昔からSIGMAらしいの《カリカリ》の絵が好きだったというのもあります。

 

もう一つ悩んだのが、

《M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO》も結構定番のレンズかと思います。

新品で14万。中古で10万ぐらい。

手ブレ補正がすごそう。

 

次買う第一候補ではあります!

 

 

《フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 Type II》

 

bird and insectさんのおすすめのレンズも気になりましたが、

スチール時代に結局一番良く使ったのは、2.8の標準ズームだったのでズームレンズを選びました!

中古で5万ぐらいで買えそうなのでまだあとあと買うにも比較的手が届きやすいかなと・・・。

 

 

記録メディアにSSDを購入。【SamsungT5】

こちらは定番のBMPCC4K用記録メディア。

そのまま編集にも使いたかったので余裕のある1TBモデルを選択。

コードも、USB-C to USB-C と USB-C to USB-A  の2本ついているのも◎。

 

USB3.1対応なので外部SSDとして編集しても、今の所快適に編集できてます! 

 

 

BMPCC4Kのリグを組んでみる!

それでは集めたパーツを組んでいきます!

1,ゲージの装着

まずはゲージを固定します。

※これは中古で付属していたフルゲージですが、使うなら新しいタイプのほうが良さそうです。(ネジ穴の間隔が違うので他のリグがはまらないことがありました)

【新バージョン】SmallRig Blackmagic Design Pocket シネマカメラ専用ケージ Blackmagic Design Pocket Cinema 4K / 6Kカメラ対応-2203B

 

ネジは上下で固定しています。

 

ホイ完成!

一気にイカツクなりました!

2,SSDホルダーの装着

続いて、SSDホルダーを固定していきます。

いい感じ!

【SSDホルダーの問題点】

SSDに刺さっているケーブルを固定する部分が、

T5付属のUSB-Cケーブルより少し広く

うまく固定ができないので、

こちらのタイプのほうが良いかとおもいます。

SmallRig Samsung T5 SSD用マウント Samsung T5 SSD用クランプ BSH2343

 

サイドの端子の蓋は取っ払いました!

 

こんなふうに先が膨らんで止まっているだけなので引っこ抜けば

簡単にとることができました!

 

USB-C to USB-C ケーブルで接続。

 

マウントアダプターとレンズを取り付け。

あとはマウントアダプターを取り付けて、

レンズを装着。

はい!完成!

 

 

 

 

すでに2.9キロ・・・・重い・・・・。笑

 

 

次回はNDフィルター等の付属品をつけていきたいと思います。

https://otnlife.com/ndfilter

 

「今回使ったもの」

・BMPCC4K

・フルゲージ

【新バージョン】SmallRig Blackmagic Design Pocket シネマカメラ専用ケージ Blackmagic Design Pocket Cinema 4K / 6Kカメラ対応-2203B

 

・SSDマウント

 

SmallRig Samsung T5 SSD用マウント Samsung T5 SSD用クランプ BSH2343

 

・SSD

 

・マウントアダプター 

 

・レンズ

・バッテリー