Gear Blog.
Fun every day.
DIY

《自分で出来る》折れたブラインドの羽根を修理方法!ーニトリ リンクス3ー

 

 

お部屋の雰囲気を変えるべく導入した、

ニトリの超コスパ◎なブラインドですが、

 

 

早速子供に折られました・・・・・

 

 

今回はこれを修理していきます。

 

修理方法を考える

はじめはブラインドって修理できるのか?

と思っていましたが、

こちらのサイトを見ていると

なんとなく行けそうな予感。

 

今回は替えの羽根(スラット)はありません。

 

しかし、ブラインドの長さに、少し余裕があったので、

一番下の羽根を折れた部分と交換する方法をとりたいと思います。

修理開始

1,ブラインドの紐を外す

ブラインドを見ていると、紐が複雑に入り組んでいて分解は難しそうに見えますが、

意外と簡単な構造でした。

 

まずは、裏の蓋をマイナスドライバーでこじ開けます。

こんな感じに紐が突っ込まれてます。

 

すべて紐を出すと、一本太い紐が出てきます。

この結び目を外してやります。

そして折れている箇所まで一気に引き抜きます。

これを左右2箇所行います。

2,折れた羽根を抜き取る

これで、ブラインドの羽根が抜き取れる状態になったので、

折れた部分を抜き取ります。

歯抜け状態。

一番下の羽根も抜き取ってやります。

3,新しい羽根の差し込み

新しい羽根を、ハシゴ状になっている細い紐の部分に差し込んでいきます。

一番下の重りの部分も、一段上げておきます。

ちょうど窓枠下になりました!

4,メイン紐を通していく

これが単純作業ですが、一番手間のかかる部分でした。

羽根の穴を通したあと、

 

※ハシゴ状になっている紐の細い糸のところに通していく

 

これを繰り返して一番下までメインの紐を通していきます。

5,固定する

 

交換作業は終わったので、あとは固定して終わりです。

 

まず自然にブラインドを下ろした状態で、

一番下の重りになっている部分の上端に印をつけます。

 

印の部分に二重で結び目を作ります。

するとこのように落ちてこなくなります。

余った紐はカット。

※ハシゴ状の紐は一段残してカットしないと後でキャップが閉まらなくなります。

(私は1箇所失敗しました・・・・)

あとは、紐を押し込んで、

 

キャップをはめれば完成です。

 

完成

30分ほどで完成です。

ほどんどの時間が糸通しの時間になりますが・・・・・。笑

 

一枚分短くなりました!

 

更にプチカスタム!

プチカスタムというほどでもありませんが、

ニトリのブラインドは引き上げる紐がかなり長い!!

 

この紐も短くして、スッキリさせたいと思います。

 

これもかなり簡単!

 

真ん中にある2本の紐が1本になる部分のコネクターを引っこ抜きます。

下の紐の部分を外して、

蓋を戻せば完成!

 

かなりスッキリしました!

 

余った紐がすごく邪魔だったのでかなり快適になりました!

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です