Gear Blog.
Fun every day.
キャンプ道具

『冬のソロキャン装備』ー20回行って道具を考え直すー(その2)

 

この記事は前回の続きになります。

『冬のソロキャン装備』ー20回行って道具を考え直すー(その1) 冬になりキャンプシーズンになりました! キャンプするにあたって道具を準備する時間もまた楽しい!!! ...

⑤暖房関連

冬キャンプに置いて一番悩む、暖房器具。

私はとりあえずこれは最低持っていきたいところ。

ホッカイロ

もうこれは必須!夏でも山の上にいくときは持っていきます!

軽いし温かいし、大量に貼って行けば最強かと思います!www

足用のホッカイロ毎回持っていきますが、使ったことはありません。www

 

湯たんぽ

全然ペットボトルで代用できます。

湯たんぽはかなり冬キャンでは寝るとき心強いのでおすすめです!

ナルゲンボトルので作る湯たんぽも有名ですね!

 

コールマンクイックヒーター 

これはバイクで持っていけるヒーターとしてはこれ一択な気がします。

コンパクトさがありがたい!

ただ目の前しかあたまらないのが難点ですが、メインは焚き火で暖を取ります!

これはサブ的な感じ。

頭でっかちなるのでガス缶は大きめのほうがいいかと思います!

もしくは足を付けて、

 

 

 

ハンディウォーマー

今年始めて導入してみたオイルを使うカイロ。

普通のホッカイロの13倍温かいらしく。アウトドアに強いみたいなので試しに購入。

実際そのまま部屋の中に出していると直接さわれないぐらい熱くなったので期待大です!

私はデザインに惹かれてZIPPOのものを購入。

 

 

⑥焚き火関係

焚き火台はピコグリルの改良版を制作されている方がメルカリで販売していたので、

そちらか購入。

AK design さん メルカリURLはこちら

本家は高いので、、、、、。www

コンパクトで使いやすいのが魅力。

 

ノコはサムライ鋸

楽に切れるのでおすすめです!
ただ大体市販の薪を買うので使う出番はなし・・・・。
モーラナイフ ヘビーデュ−ティー

これも定番のナイフ。

薪割りにめちゃ使います!

もうすこし刃厚が厚くてかっこいいのが欲しいこのごろ。

 

火吹き棒

自作した火吹き棒。

簡単自作!《火吹き棒》ダイソーの自撮り棒を改造して作る方法 キャンプ中、焚き火してると欲しくなるのが火吹き棒。 探してみると300円ぐらいから5000円ぐらいまで様々。 ...

 

トング

100均のトングを薪バサミ代わりに。

ホントはこんなの使いたいですが、

そのうち買ってると思う・・・www

 

革手袋 

これはワークマンで買った革手袋。

↑画像にリンク貼ってます!

色味が気に入って買いましたが、個人的に手がかなり大きいのでちょっと寸足らずできつい感があります。www

このガイライン反射材入りで夜の視認性はいのですが、ちょっと固めなのがマイナスポイント。

付け外しがしやすいように、先端に100均のアルミのカラビナを付けています!

 

次にほしいロープはこれ!

「タフ・グリット」 

柔らかくて・滑りも良くて強度もあるらしく、早く試したい一品です。

結構、You Tube見ていても、使ってる方いるみたいですね!

 

カラビナ

お安いけれど強度があるカラビナ。 これはおすすめ!

滑りも良くてお気に入り、何かと使えるので持っていきます!

これでハンモックをかけたりしていますが、全然問題なく使えてます!

 

長めのガイラインとプルージック

迷彩のロープが10Mのロープ、黄色のロープが輪っかを作ったロープ。

ちょっとものをかけたりする時に使えるので数本持っていきます!

これはいらなくなったガイラインをリサイクル。

[プルージックの使い方↓]

 

ロープワークができると、上級者感があってカッコいい!www

 

⑧クッキング用品

クッキング用品はその日何を食べるかによって異なりますが、

今回のメニュー

昼 レトルトハンバーグカレー

夜 熱燗とおでんとカツオのタタキ

朝 ホットサンド

こんな感じなので、

昼ごはん用に①ラージメスティン を持っていくことに、カレーとハンバーグを入れても溢れないサイズと行くことで・・・。

定番の網も

 

②ハイマウントのホットサンドメーカー

取っ手が外れないのと、フライパンの部分が外れないので、ゆくゆくは持ち運びやすいように改造も考え中です!

でも軽くて、安くて、テフロン加工もされているので、簡単な焼き物ならこれ一つで行けそうです。

 

③コールマンのクッカー

熱燗用の深めのクッカー。こちらもテフロン加工されているので、後片付けが楽です!

後で出てくるケトルが中に入るのがポイントです。

 

④バーナー

カツオのタタキを炙るために持っていくバーナー。

薪や炭の着火にも使えます!普段の料理にも使えて便利!

 

⑤シングルバーナー

中華製の安いものを使っています。

着火する部分は溶けてダメになりましたが、ほかは全然問題なく使えます!

個人的には少しかさばりますが、ガスに直接つけるタイプよりホースが伸びているタイプがぐらつきの心配も少なくていい気がします♪ 

 

⑥OD缶

シングルバーナー用のガス。

コスパ重視でプリムス。冬場なのでちょっとハイパワータイプをチョイス。